Search…
ループ
V言語のループ構文は1種類しかありません。Goでもこのループ構文は広く使われています。

forループ

forループは、何かを繰り返すための簡単かつ便利な方法を提供します。 値を変えながら同じコードを繰り返し実行するのも簡単です、 ループについて考えるために、ゲームをコンピュータ化するときに人物をある方向にX歩進め、次に別の方向にY歩進める状況を考えてみましょう。 たとえば「東に5歩進め」は以下のようにループで表現できます。
1
for i := 0; i < 5; i++ {
2
println('Walking one step')
3
}
Copied!
Vのforループは、さまざまな方法で構成できます。
  • arrayやmapでin演算子を使う
1
ages := [18, 25, 32, 43, 50]
2
3
for age in ages {
4
println(age)
5
}
Copied!
注意: 値はリードオンリーです。
  • forループで条件を指定する
これは、指定されたbool条件に応じてコードを繰り返し実行する制御フローを記述します。 条件部分を丸かっこで囲む必要はありませんが、波かっこ{ }は常に必要です。
1
mut factorial := 1
2
mut counter := 1
3
4
for {
5
counter++
6
if counter > 5 {
7
println(factorial)
8
break
9
}
10
factorial = factorial * counter
11
}
12
13
println(counter)
Copied!
上の出力結果
1
120
2
6
Copied!
break文を使うforループは、次のようにforの直後の条件を反転させると、他の言語のwhile文と同等になってもっと短く書けます。
1
mut factorial := 1
2
mut counter := 1
3
4
for counter <= 5 {
5
factorial = factorial * counter
6
counter++
7
}
8
println(factorial)
9
println(counter)
Copied!
Output
1
120
2
6
Copied!
  • 伝統的なC言語風スタイル
1
mut factorial := 1
2
mut counter := 1
3
4
for counter = 1; counter < 6; counter++ {
5
factorial = factorial * counter
6
if counter == 5 {
7
print(factorial)
8
continue
9
}
10
println(counter)
11
}
Copied!
  • 無限ループ
forループは無限回繰り返すこともできます。
1
for {
2
println('foo')
3
}
Copied!

演習

  1. 1.
    自然数の最初の10個を表示するVプログラムを書きましょう。
  2. 2.
    自然数の最初の10個の合計を求めるVプログラムを書きましょう。
  3. 3.
    arrayの中にあるintegerを表示し、それらの平均も表示するVプログラムを書きましょう。
  4. 4.
    キーボード入力から10個の数値を読み込み、それらの合計と平均を求めるVプログラムを書きましょう。
  5. 5.
    渡されたintegerの立方数(3乗)を表示するVプログラムを書きましょう。
Last modified 2yr ago
Copy link