Search…
メソッド
Vにはクラスというものはありません。しかし型に対してメソッドを定義できます。
メソッド(method)とは、1個のレシーバーを特殊な引数として持つ関数であり、指定された型に該当するレシーバーだけがこの関数を実行できます。 レシーバーは、fnとメソッド名の間に独自の引数リストを記述します。
struct User {
name string
email string
mut:
age int
}
fn (u User) can_register() bool {
return u.age > 15
}
fn (u mut User) has_birthday() {
u.age += 1
}
fn main() {
mut bob := User {
name: 'Bob'
age: 15
}
alice := User {
name: 'Alice'
age: 17
}
println(bob.can_register())
println("Bob needs to be 16 to register, but he only is ${bob.age}.")
println(alice.can_register())
bob.has_birthday()
println(bob.age)
}
上の出力結果:
false
Bob needs to be 16 to register, but he only is 15.
true
16
上のコードのレシーバーuの型はUserであることがわかります。 ここでhas_birthday()関数のレシーバーにmutが付いていることにご注目ください。データを変更したい場合はmutの指定が必要です。 Vのコーディング慣習では、selfthisといったレシーバー名は使いません。1文字のレシーバー名が推奨されます。

演習

1.Person型を対象として、未成年かどうかを調べるメソッドを作成しましょう。 2. Animal型について、毛が生えているかどうかを調べるメソッドを作成しましょう。
Last modified 2yr ago
Copy link